「絶対零度」に続き「SUITS」も! フジ“月9”視聴率が2期連続で10%を超えた背景

スーツ

#「絶対零度」に続き「SUITS」も! フジ“月9”視聴率が2期連続で10%を超えた背景
  フジテレビの看板ドラマ枠“月9”。2018年7月期の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」が10.6%、10月期の「SUITS/スーツ」が10.8%と2期連続で平均視聴率10%を超えました。月9ドラマが、2作続けて2桁を超えたのは、約3年ぶりのことです(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 ■フジのドラマは面白いという空気 「絶対零度」シリーズは、これまで上戸彩さんが主演を務め、未解決事件や潜入捜査をテーマにした刑事ドラマ。シーズン3の今回は、月9初主演となった沢村一樹さんが主人公を引き継ぎ、上戸さんは物語の鍵を握るキーマンとして登場しました。謎が謎を呼ぶ展開で、最終話まで安定して視聴率が推移しました。 「SUITS/スーツ」は、米国の大ヒットドラマ「SUITS」を原作に、織田裕二さんが主演を務めた弁護士ドラマ。エリート弁護士と天才フリーターという凸凹な二人がバディを組み、難解な訴訟に挑みました。織田さんと鈴木保奈美さんが、「東京ラブストーリー」以来27年ぶりに共演したことでも注目され、初回視聴率は14.2%を記録しました。
https://www.youtube.com/channel/UC1NTVTsNbOJPISnA__0yLCA?sub_confirmation=1